2010年03月23日

矢野きよ実さん 「JAYWALK中村容疑者支えたい」(毎日新聞)

 ロックバンド「JAYWALK」の中村耕一容疑者(59)の覚せい剤取締法違反事件に絡み、中村容疑者と交際しているタレントの矢野きよ実さん(48)が19日、名古屋市中区の名古屋テレビで記者会見し「更生するよう彼を支えていきたい」と述べた。

 約15年前からの付き合いで、中村容疑者は2、3カ月に1度、名古屋市の矢野さん宅を訪れていたという。会見で矢野さんは、覚せい剤使用は「全く分からなかった」と話し、警視庁麻布署からも「(矢野さんは)捜査の対象になっていない」と言われたことを明らかにした。

【関連ニュース】
中村耕一容疑者:矢野きよ実さんが出演自粛 交際報道で
矢野きよ実:会見へ 「JAYWALK」中村容疑者と内縁関係
矢野きよ実:捜査終了まで活動自粛か
中村耕一容疑者:“内縁”タレントは生放送欠席
矢野きよ実さん:「JAYWALK」中村容疑者と交際報道、出演自粛

地下鉄サリン「忘れたい」…給付金申請辞退も(読売新聞)
足利事件判決公判で録音・録画を 民放連が声明(産経新聞)
六甲山がミュージアムに 大自然と現代美術味わって(産経新聞)
<鳩山氏離党>与謝野氏「話聞く」、舛添氏「決めてない」(毎日新聞)
社民、国会同意人事への対応は来週以降に持ち越し(産経新聞)
posted by シナダ シゲオ at 23:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

「虐待」判断基準をより明確に―臓器移植作業班(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の「臓器提供に係る意思表示・小児からの臓器提供等に関する作業班」(班長=新美育文・明大法学部教授)は3月11日、小児に虐待が疑われるケースへの適切な対応策などを議論した。出席したメンバーからは「虐待そのものの判断基準をいま一度検討すべき」「医療現場で虐待を判断する基準をより明確にすべき」などの意見が相次ぎ、結論は次回以降への持ち越しとなった。

 今年7月施行の改正臓器移植法では、15歳未満の小児の臓器提供を認める一方、「被虐待児に関しては提供されない」と定めている。作業班は11日、この改正法の附則に盛り込まれる▽虐待を受けた児童が死亡した▽虐待が行われた疑いがある―場合の解釈について議論した。

 日本小児科学会子ども虐待問題プロジェクト委員長の宮本信也参考人(筑波大大学院人間総合科学研究科感性認知脳科学専攻教授)は、「(今後は)移植の医療現場でも虐待の有無を判断するケースが増え、そのプロセス(の誤りなど)を指摘されることを医師たちは危惧している」と指摘。これに対し、町野朔班員(上智大法学研究科教授)が「一般的な虐待への対応と、移植の観点からの虐待への対応と、それぞれの判断が違うことに尽きる」との認識を示したほか、水野紀子班員(東北大大学院法学研究科教授)が「ネグレクトなど死亡との因果が不明なケースなどは、判断や取り扱いが難しい」などと指摘。こうした議論から、附則の文言については事務局側が改めて検討することとなり、結論は持ち越しになった。

 また、被虐待児に関連して「虐待を受けた児童の臓器を提供する意思の取り扱い」については、丸山英二班員(神戸大大学院法学研究科教授)が「本人が提供する意思を持っているのであれば、それは虐待の有無にかかわらず尊重されても良いのではないか」と述べた。しかし、他のメンバーからは「虐待を受けたことが明らかな児童からは、原則論から考えて臓器は提供されるべきでない」との意見が相次いだ。



【関連記事】
臓器提供施設に小児医療施設追加を―厚労省研究班が報告
臓器提供しない意思の確認、家族への聞き取りなど3点で
医師の被虐待児通報の指針づくりを―臓器移植作業班に提言
臓器移植、新規登録の4分の1が「親族優先」を希望
親族への優先提供でガイドラインを改正―厚労省

<Dr.コトー>鹿児島の瀬戸上医師、定年再延長し“続投”(毎日新聞)
雑記帳 「龍馬銀貨」5月発行(毎日新聞)
自宅から大麻やコカイン=JAYWALK中村容疑者−警視庁(時事通信)
ベール脱いだ特別高度工作車 消防ファン必見!水圧で鉄扉切断だぁ(産経新聞)
スギ花粉症の舌下減感作治療薬の開発準備を開始へ―鳥居薬品(医療介護CBニュース)
posted by シナダ シゲオ at 14:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

<開店>「クリスピー・クリーム・ドーナツ」名古屋市名駅に(毎日新聞)

 若者を中心に人気の米ドーナツチェーン「クリスピー・クリーム・ドーナツ」が17日、名古屋市中村区名駅のJR名古屋高島屋1階にオープンした。国内13店目で、首都圏以外では初出店。独特の柔らかい食感のドーナツを買い求め、開店の午前10時には約900人が列を作った。待ち時間は最大約9時間に達した。

 同店はガラス張りでドーナツ作りの実演を見ることができるのが特徴で、名古屋限定の商品も販売している。

【関連ニュース】
MOSDO:「モス」と「ミスド」、足したら「モスド」 共同ブランド、店舗展開へ
MOSDO:モス+ミスド 来月、広島に1号店
かりんとう・ドーナツ:受験生を応援します 相次いで発売−−岡崎 /愛知

<強盗>シティホテルから16万円奪う 愛知・一宮(毎日新聞)
株式会社ファミリーマートのレジ液晶画面にコンテンツを提供
雑記帳 センバツの東海大望洋にハバノリ贈る 千葉(毎日新聞)
福岡のケヤキ・庭石事件、元社長らに7億賠償命令(読売新聞)
<地下鉄サリン>死者1人増え13人 警察庁が再調査(毎日新聞)
posted by シナダ シゲオ at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。